鴻巣花火大会2017の屋台の場所は?駐車場へのアクセス情報!


スポンサーリンク



スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

夏を終わりに、近づき秋の季節がやってきますね!

夏といえばやっぱり花火大会ですよね?

みなさん夏の花火大会には行きましたか?

夏の花火大会に行けなかったよ!という方必見です!

花火大会というのは、夏だけのイベントではありません。

秋の花火大会も毎年行われているんですね!

この記事では、秋の花火大会でも大変人気のある鴻巣花火大会について記事を書いていこうと思います。

鴻巣花火大会は、埼玉県鴻巣市で開催される大人気花火大会です!

今年で16回目になるそうです!

見所は、花火のラストに行われる鳳凰乱舞が毎年すごすぎる!と話題の花火大会です。

鴻巣花火大会の正式名称は、燃えよ!商工会青年部!!第16回こうのす花火大会と言うそうですね。

熱い熱意や意思を感じれるタイトルですね!笑

ここだけの話、雑誌の情報によりますと今年の鴻巣花火大会にはシークレットプログラムが用意されているようです。

大玉の連発や、音楽と連動させて打ち上げる花火、ストーリー仕立ての新作プログラムがあるそうなので、期待大ですね!

そんな魅力満点の鴻巣花火大会2017の屋台の場所ってどこなの?駐車場のアクセス方法を教えて!

と言う疑問に対して記事を書いて行きます。

題して、「鴻巣花火大会2017の屋台の場所は?駐車場へのアクセス情報!」

ということで早速記事に移って行きましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鴻巣花火大会2017の屋台の場所は?

 

花火大会と言ったらやっぱり屋台の出店はきになる重要なポイントですよね?

安心してください、鴻巣花火大会には例年多数の屋台の出店があります。

鴻巣花火大会の会場は大きく分けると3の会場があります。

例年その三つの会場に屋台が設けられている模様です。

まずはメインの会場となっている、糠田運動場

二つ目の会場は、吉見総合運動公園

三つ目の会場は、御成橋下会場

となっております。

屋台の出店数は、例年20~50店舗ほどの出店となっているようですね!

今年SNSで話題となった電球ソーダなどの出店もあると予想します!

射的やくじなどの楽しめる屋台も花火大会の思い出として挑戦してみてはいかがでしょうか?

鴻巣花火大会2017の駐車場のアクセス方法は?

 

鴻巣花火大会2017では駐車場が2000台用意されています。

料金は一日2000円となっています。

一つ目の駐車場の場所は、糠田メイン会場第2会場駐車場となっています。

二つ目の駐車場の場所は、吉見総合運動公園です。

注意したいのが、駐車場の周辺道路は例年ものすごく混雑するようなので、注意が必要です。

渋滞に巻き込まれた挙句、駐車場が空いてないなんて事態を避けたいので、個人的には公共の交通機関を利用することをオススメします。

駐車場代も2000円かかってしまうので、その駐車場代を屋台で美味しいものを食べれるし、渋滞に巻き込まれる心配もありませんので。

車という手段を最初から捨てて、駐車場代を浮かしてそのぶん屋台で贅沢をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

この記事では題して、「鴻巣花火大会2017の屋台の場所は?駐車場へのアクセス情報!」

ということで記事を書いて行きましたがどうだったでしょうか?

要点をまとめておきますと、屋台の場所は3つの会場に設けられている出店数は20~50、駐車場の周辺道路は例年混雑をしている、

渋滞を覚悟できるのであれば、一日2000円で車を止めることができる。

ということですね。

鴻巣花火大会2017の最大の魅力は、屋台の出店も魅力の一つだと思いますし、

今年は、シークレットプログラムを用意しているようなので、必見となっていますね!

花火のベストショットをカメラに収めて、インスタグラムにあげればあなたの写真にいいねがつくことは間違いないでしょう!

今年の秋の花火大会は、鴻巣花火大会2017で秋の花火を楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。