みなさんこんにちは!

置くだけで周囲を冷やすことができるバケツエアコンが開発され話題になっています。

今回はバケツエアコンの気になる情報について記事を書いていきます。

バケツエアコンの値段(価格)は?発売日はいつ?販売店舗はどこ?使い方は?

などの疑問に対して記事を書いていきます。

題して「バケツエアコンの値段(価格)や発売日・販売店舗を調査!使い方は?」

ということで、早速記事に移っていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

バケツエアコンの発売日はいつ?

バケツエアコンの発売日について調査しました。

調査した結果、開発されこれから改良を続けている段階なので実際に販売になるのはまだ先ということがわかりました。

手軽に持ち運びができるバケツエアコンが家庭でも使えるようになったらいいですよね。

扇風機やエアコンに並ぶ夏の必須冷房機器になるかもしれませんね。

今年の夏は猛暑なので、バケツエアコンの販売が前倒しになるかもしれませんね。

早くバケツエアコンが発売されれば熱中症で搬送される人も減るのではないでしょうか。

西日本豪雨で現在避難生活を送っている人も暑い避難所で生活していると思うので、バケツエアコンがあるだけでも違うと思います。

早く発売されて欲しいですね。

今年の夏は暑すぎて外に出るのも嫌になりますね。

こまめに水分補給して涼しい部屋にいましょう。

詳しい発売日が発表されていないのでわかり次第記事を更新します。

バケツエアコンの使い方は?

バケツエアコンは直径約30センチ、高さ約39センチで、手軽に持ち運びできるサイズだ。バケツにロックアイスや冷凍ボトルと水1リットルを入れておくと、室温30度の環境下で約15度の冷気を噴き出すことができる。エアコンの無い部屋▽アイドリングを止めた車内▽建設現場やイベント会場の詰め所▽災害避難所--などでの利用を想定している。

バケツ内部に張り巡らされた水路に電動ポンプで冷却水が循環する「熱交換素子」が装備されており、そこに電動ファンを当てて冷気を生み出し、バケツの周囲が涼しくなる仕組みだ。バッテリーで約2~3時間稼働する。
引用:毎日新聞

バケツエアコンの使い方について調査しました。

バケツにロックアイスや冷凍ボトルと水1リットルを入れておくと、室温30度で約15度の冷気を噴き出すことができるようです。

水と氷を入れれば使えるなんていいですよね!

エアコンのないところでは重宝しそうですよね!

今後どんな改良が加えられて販売されるのか楽しみですね!

バケツエアコンの値段(価格)はいくら?

バケツエアコンの値段(価格)はいくらなのか調査しました。

バケツエアコンの値段(価格)は発表されていませんでした。

詳しい情報がわかり次第記事を更新します。

いくらで販売されるのでしょうか?

エアコンよりは安く扇風機よりは高い値段設定になりそうですね。

3万円から10万円くらいで販売されるのではないでしょうか。

あくまでも予想なので参考程度にしてください。

みなさんもバケツエアコンの値段を予想してみてください!

お手軽に買うことのできる値段だといいですよね!

そうしたら一家に一台バケツエアコンの時代がくるかもしれませんね!

バケツエアコンの通販はある?

バケツエアコンの通販はあるのか調査しました。

調査した結果、残念ながらバケツエアコンの通販はありませんでした。

バケツエアコンの通販をまっている方も多いのではないでしょうか。

急ピッチで実用化に向けて頑張ってほしいですね!

扇風機やエアコンは夏の必需品なのでチェックしておきましょう。

ネットの声は?

まとめ

この記事では題して「バケツエアコンの値段(価格)や発売日・販売店舗を調査!使い方は?」

ということで、バケツエアコンの値段(価格)は?発売日ハイツ?販売店舗はどこ?使い方は?

などについて書いていきました。

早くバケツエアコンの実用化してほしいですよね!

一家に一台バケツエアコンの日がくるかもしれませんね。

詳細がわかり次第記事を更新します。

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。