ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療・診断方法は?予防はできる?


スポンサーリンク



スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

WHOが新たに国際疾病分類に、ゲーム障害(gaming disorder)を精神障害として追加しました。

今回はゲーム依存症(ゲーム障害)の気になる情報について記事を書いていきます。

ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療は?診断方法は?予防はできる?

などの疑問に対して記事を書いていきます。

題して「ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療・診断方法は?予防はできる?」

ということで、早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療・診断方法は?

ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療・診断方法について調査しました。

ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療方法は精神障害と言われているので、精神科に通院するなどになるのではないでしょうか。

まだ詳しい治療方法についての情報がないのでわかり次第記事を更新します。

ゲーム依存症(ゲーム障害)の診断方法は、ゲームをする時間を自分でコントロールできないことやゲーム以外の出来事や関心事の優先度が低くなる。

日常生活に支障をきたしてもゲームを優先するなどの状態が12ヵ月以上続くと「ゲーム障害」の可能性があるとのことです。

ゲーム依存症(ゲーム障害)の予防はできる?

ゲーム依存症(ゲーム障害)の予防はできるのかについて調査しました。

まだ確立されたゲーム依存症(ゲーム障害)の予防方法はありません。

自らの意思でゲームをやめるやルールを決めてやるなどをしなければなかなか難しいと思います。

今後はゲーム依存症(ゲーム障害)の予防をどうやっていくのかも問題になりそうです。

ネットの声!

まとめ

この記事では題して「ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療・診断方法は?予防はできる?」

ということで、ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療・診断方法は?予防はできる?

などについて書いていきましたがいかがだったでしょうか。

ゲーム依存症(ゲーム障害)の治療や予防方法をどうやっていくのかが今後の課題なようです。

詳しい情報がわかり次第記事を更新します。

最後までこの記事を読んんでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。