みなさんこんにちは。

通信販売会社のケフィア事業振興会が破産手続きを開始したようです。

ケフィア事業振興会で負債を抱えた方は3万人もいるようです。

驚きです。

ケフィア事業振興会の気になる情報を調査していきます。

ケフィア事業振興会の社長はだれ?商品は?破産理由は?オーナー制度とは?

などの疑問に対して記事を書いていきます。

題して「ケフィア事業振興会の社長や商品は?破産理由やオーナー制度とは?」

ということで、早速記事に移っていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ケフィア事業振興会の社長は?

ケフィア事業振興会の社長について調査しました。

調査した結果、鏑木秀彌社長ということが判明しました。

鏑木秀彌社長の詳しい経歴がわかり次第記事を更新します。

ケフィア事業振興会の商品は?

ケフィア事業振興会の商品について調査しました。

調査した結果、ケフィア事業振興会の商品は干し柿やメープルシロップなどの食品を販売していたようです。

ケフィア事業振興会の商品のオーナーになる人を集めてお金を集めていたようですね。

被害に遭われた方は、高齢者の方が多いようですね。

ケフィア事業振興会のオーナー制度とは?

ケフィア事業振興会のオーナー制度とはどういったものだったのでしょうか?

ケフィア事業振興会のオーナー制度とは、干し柿やヨーグルトなどの商品について1口5万円の出資を募り、半年で10%程度の利子を加算して買い戻す制度だったようです。

かなりの高利子ではないでしょうか。

ケフィア事業振興会の干し柿やヨーグルトなどの商品のオーナーになれば半年で10%の利子がついて返ってくるとは美味しい話ですよね。

1口5万円の出資でも5000円の利子が返ってくるなら銀行に預けるよりケフィア事業振興会のオーナー制度を利用した方がいいですよね。

そんなうまくいく美味しい話はありませんよね。

ケフィア事業振興会の破産理由は?

ケフィア事業振興会の破産理由について調査しました。

調査した結果、ケフィア事業振興会は収益をあげることができず資金繰りが難しく、破産手続きを開始したようです。

2017年11月ごろから支払いの遅延が発生したようですね。

1年前から資金繰りがうまくいってなかったのかもしれません。

出資者の方は利益が出るということで出資したと思いますが、まさか破産するという気持ちでしょう。

オーナー制度は難しいビジネスモデルかもしれません。

ネットの声は?

まとめ

この記事では題して「ケフィア事業振興会の社長や商品は?破産理由やオーナー制度とは?」

ということで、ケフィア事業振興会の社長は?商品は?破産理由は?オーナー制度とは?

などについて書いていきました。

半年で10%の利子が返ってくるなら銀行に預けるよりいいですよね。

こんな美味しい話はなかなかうまくはいきませんね。

ケフィア事業振興会のオーナーになった方は早く出資金が返ってくるといいですね。

詳しい情報がわかり次第記事を更新します。

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。