マリカー(公道カート)の営業はどうなる?損害賠償はいくら?


スポンサーリンク



スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

最近東京の公道を走っているカートをよく見かけますよね!

コスプレした外国人が楽しそうに渋谷や原宿、浅草などを走っているのをよく見ます。

しかし今回は公道カートレンタル事業の株式会社マリカーに対して任天堂が訴訟を起こしていた件について判決がくだりました。

今回は公道カートレンタル事業の株式会社マリカーの裁判で気になる情報をについて記事を書いていきます。

マリカー(公道カート)の営業はどうなる?損害賠償はいくら?

などの疑問に対して記事を書いていきます。

題して「マリカー(公道カート)の営業はどうなる?損害賠償はいくら?」

ということで、早速記事に移っていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マリカー(公道カート)の営業はどうなる?

マリカー(公道カート)の営業はどうなるのでしょうか。

現段階ではマリカー(公道カート)の営業は今まで通りのようですが、マリオのコスプレをして公道を走ることはないでしょう。

渋谷や原宿などでよくマリカー(公道カート)が走っているのを見ますよね。

利用している人のほとんどは外国人だと思います。

楽しそうに写真を撮っている人たちも見かけますよね。

公道でマリオたちが走ることはないと思いますが、他のキャラクターが走ることはあるかもしれませんね。

マリカー(公道カート)の損害賠償はいくら?

マリカー(公道カート)は払う損害賠償はいくらなのでしょうか。

任天堂を敵に回してしまったということなので、損害賠償金はかなり高いでしょう。

引き続き調査していきます。

ネットの声は?

まとめ

この記事では題して「マリカー(公道カート)の営業はどうなる?損害賠償はいくら?」

ということで、マリカー(公道カート)の営業はどうなる?損害賠償はいくら?

などについて書いていきました。

今後東京の街でマリカー(公道カート)を見ることは無いかもしれませんね。

もしかしたら他のキャラクターのコスプレをして走っているかもしれませんね。

外国人観光客には日本の人気体験だったと思いますが、今後はどうなっていくのでしょうか。

最新の情報がわかり次第記事を更新します。

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。