国際観光旅客税(出国税)の支払い方法や使い道を調査!徴収されない条件は?


スポンサーリンク



スポンサーリンク

みなさんこんにちは!

2019年1月7日から日本からの出国時に1人1000円を課す国際観光旅客税(出国税)の適用が始まりました。

国際観光旅客税(出国税)は、国籍を問わず日本を出国する人が納めるものになっています。

海外旅行行くときには必ず徴収されるということですね。

年間500億円の税収が見込まれるそうです。

今回は2019年1月7日から始まった国際観光旅客税(出国税)の支払い方法は?使い道はなんなの?徴収されない条件はあるの?

などの疑問に対して記事を書いてきます。

題して「国際観光旅客税(出国税)の支払い方法や使い道を調査!徴収されない条件は?」

ということで早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

国際観光旅客税(出国税)の支払い方法は?

国際観光旅客税(出国税)の支払い方法について調査しました。

国際観光旅客税(出国税)の支払い方法は、航空券の購入代金などに上乗せされて徴収されるので別に支払うというわけではなさそうです。

これから海外旅行に行くときはプラス1000円はかかると覚えておきましょう。

2019年1月6日までに購入した航空券には国際観光旅客税(出国税)1000円はかからないようなのですが、それ以降は徴収されるので注意しておきましょう!

しかし、7日より前に代金を支払えば対象外のようですが、発券済みでも7日以降に出国日を決めた場合は納税する義務が生じるようです。 

旅行会社のツアーなどでは予約日と実際の発券日がずれることが多いため、各旅行会社が個々に説明しているようなのでそちらもチェックしてください。

国際観光旅客税(出国税)の使い道・何に使うの?

国際観光旅客税(出国税)の使い道・何に使うのかが一番気になるところだと思います!

今までなかったもので、年間500億円もの税収があるということでこの税を何使うのか気になりますよね。

無駄なものに使われないように、最大限に有効活用して欲しいですね。

国際観光旅客税(出国税)の主な使用用途としては、旅行環境の整備や顔認証システムの出入国の迅速化、旅行者の満足度の向上となっていました。

国際観光旅客税(出国税)が課せられるということで、すでに満足度が下降している方もいると思いますが、最大限に有効活用して海外旅行に行く方の満足度がや旅行が快適に行けるようになって欲しいと思います。

国際観光旅客税(出国税)が徴収されない条件は?

国際観光旅客税(出国税)が徴収されない条件(場合)について調査しました!

国際観光旅客税(出国税)が徴収されない条件、課税対象にならない条件は大まかに4つありました。

・2歳未満

・24時間以内のトランジット(乗り継ぎ)

・天候などによりやむなく立ち寄る人

・政府専用機での出国

この条件が満たされた場合は国際観光旅客税(出国税)が徴収されません。

かなり徴収されない条件は少ないと思います。

ほとんどの場合は国際観光旅客税(出国税)が徴収されます。

あまり当てはまる人は多くないと思いますが、国際観光旅客税(出国税)が徴収されない場合もあるのでチェックしていきましょう。

国際観光旅客税(出国税)の適用でネットの声は?

まとめ

この記事では題して「国際観光旅客税(出国税)の支払い方法や使い道を調査!徴収されない条件は?」

ということで、国際観光旅客税(出国税)の支払い方法は?この税の使い道はなんなの?徴収されない条件は?

などについて書いていきました。

2019年1月7日からということで、これから海外旅行に行く方や、日本から出国して帰る外国人観光客はこの国際観光旅客税(出国税)を支払わなければいけません。

旅行に行く前に必ず覚えておきましょう!

旅行代金に上乗せされて支払われるので空港に来てこの1000円はなんだろうなど忘れないようにしておいたほうがいいと思います。

国際観光旅客税(出国税)は今後の旅行環境の整備などに使われるので、有効に活用されることを願いましょう。

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。