ザイフ(Zaif)不正アクセスの犯人や原因を調査!被害額や通貨返金は?


スポンサーリンク



スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

テックビューロが運営する仮想通貨取引所のZaifはハッキング被害を受け、仮想通貨の一部を流出したことを発表しました。

仮想通貨のセキュリティーの甘さが露見していますね。

どこの仮想通貨取引所もセキュリティー対策を万全に行って欲しいですね。

今回はテックビューロが運営する仮想通貨取引所のザイフ(Zaif)の気になる情報を調査していきます。

ザイフ(Zaif)不正アクセスの犯人は?原因はなに?被害額はくら?仮想通貨返金補償はある?

などの疑問に対して記事を書いていきます。

題して「ザイフ(Zaif)不正アクセスの犯人や原因を調査!被害額や通貨返金は?」

ということで、早速記事に移っていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ザイフ(Zaif)不正アクセスの犯人や原因を調査!

テックビューロが運営する仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)不正アクセスを犯人は誰なのでしょうか?

調査した結果、現時点で犯人は判明していません。

特定するのにも時間がかかるでしょう。

不正アクセスの原因も捜査中ということでした。

ハッキングを受けたのは入出金用のホットウォレット(※)を管理するサーバ。14日午後5時ごろ~午後7時ごろまでの間に外部から不正アクセスを受け、このサーバで管理していた仮想通貨「ビットコイン」「モナコイン」「ビットコインキャッシュ」が不正に外部へ送金された。ハッキングの手法については、捜査中であることや同種犯行の予防のため「差し控える」としている。

(※ホットウォレット:インターネットに接続されている仮想通貨の電子ウォレットクライアント。遠隔操作や高頻度の入出金に向く分、不正アクセス時の資産保護に弱い。対して、秘密鍵がインターネットから分離されているウォレットを「コールドウォレット」という。物理的に秘密鍵が分離されているため、不正アクセスに強い)

引用:Yahoo!ニュース

今回被害を受けたのは入出金用のサーバーが不正アクセスを受けたようです。

このサーバで管理していた仮想通貨のビットコイン・モナコイン・ビットコインキャッシュが不正に外部へ送金されたそうです。

不正アクセスには強いサーバーらしいのですが、どうして仮想通貨が流出してしまったのでしょうか。

引き続き調査していきます。

わかり次第記事を更新します。

ザイフ(Zaif)の被害額はいくら?

ザイフ(Zaif)の被害額は、現在わかっている時点で約67億円流出したようです。

被害額が判明しているのはビットコインのみだそうです。

二次被害防止のためにサーバを再稼働させていないようなので、モナコインとビットコインキャッシュの被害額は特定できていないようです。

67億円から被害額が増える可能性もあります。

ザイフ(Zaif)の仮想通貨返金は?

ザイフ(Zaif)の仮想通貨返金はされるようです。

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロが、返金のため近く50億円の金融支援を受けることを検討しているようです。

なので被害を受けた方は少なからず返金のされるのではないでしょうか。

ネットの声は?

まとめ

この記事では題して「ザイフ(Zaif)不正アクセスの犯人や原因を調査!被害額や通貨返金は?」

ということで、ザイフ(Zaif)不正アクセスの犯人は?原因は?被害額はいくら?通貨返金はある?

などについて書いていきました。

今後も仮想通貨のセキュリティー体制の強化が重要になってくるでしょう。

引き続き調査していきます。

最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。