みなさんこんにちは!

この記事では、サッカーW杯で日本が決勝トーナメント決定を決めましたね!

おめでとうございます!

日本は、フェアプレーポイントで今回の決勝トーナメント進出を決めました。

そこでこの記事では、サッカーW杯2018のフェアプレーポイントって何?どんなルールなの?

などの疑問に関して記事を書いていきます。

題して「サッカーW杯2018のフェアプレーポイントとは?どんなルール?」

早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サッカーW杯2018のフェアプレーポイントとは?

西野ジャパンが決勝トーナメント進出を左右したのがフェアプレーポイントの差でした!

フェアプレーポイントとは、警告や退場による「フェアプレーポイント」の差で順位が決定しているようです。

もし2つ以上のチームが、
勝ち点、得失点差、総得点において同点なら、
順位は以下に従って決定される。

①同点チーム同士の勝ち点
②同点チーム同士の得失点差
③同点チーム同士の総得点
④フェアプレーポイント(レッドカード、イエローカードにより決定)
⑤抽選

セネガルと日本は、1勝1敗1分の勝ち点4で得失点差0、総得点4も同数だったので、条件が全く同じだったのです。

そこで差がついたのが、イエローカードの差です。

日本のイエローカードが4枚、セネガルのイエローカードが6枚。

このイエローカードの差枚数が命運を分けたのです。

フェアプレーポイントも同じだった場合は抽選が行われるようです。

今回はフェアプレーポイントで命拾いしたような感じがしますが。

フェアプレーポイントと言いつつも、最後の時間稼ぎにも思える日本のプレーに賛否両論ありますが、ルールなので、ルールを元にプレーするのは当然だと思います。

しかし、名前が名前なだけにネット上でも少し悲しい声も聞こえてきますね….。

フェアプレーポイントは少ない方が順位が上になります。

先ほど、日本のイエローカードが4枚、セネガルのイエローカードが6枚と言いましたが、これをポイントに変えます。

イエローカードはマイナス1、2度目の警告による退場はマイナス3、一発退場のレッドカードはマイナス4と決められています。

日本は3試合でイエローカード4枚でマイナス4、セネガルはイエローカード6枚でマイナス6ということになります。

日本がセネガルより2ポイント抑えました。

なんとか決勝トーナメントに進むことができて一安心ですね。

日本代表の決勝トーナメントの相手は?

決勝トーナメントに進出できた日本代表の相手の国はどこなのか調査しました!

イングランド対ベルギーの試合の結果次第で相手が決まります。

イングランドが勝利でイングランド、ベルギーが勝利でベルギー、引き分けの場合はフェアプレーポイント次第になります。

イングランドとベルギーも引き分けの場合はフェアプレーポイントで決まります。

サッカーも最後まで何が起きるかわかりませんね。

どちらが相手になっても全力で日本代表を応援しましょう!

今回はどこまで日本代表がいけるのか楽しみですね!

ネットの声は?

まとめ

この記事では題して「サッカーW杯2018のフェアプレーポイントとは?どんなルール?」

という事でサッカーW杯2018のフェアプレーポイントとは?どんなルール?

の疑問に関して記事を書きました。

フェアプレーポイントってなに?ってなった方も多いのではないでしょうか?

決勝でも頑張って欲しいですね!